支笏湖についてLake Shikotsu

支笏湖

支笏湖は、およそ4万年前に支笏火山の噴火でできた陥没地に水が溜まって形成されたカルデラ湖です。名前の由来はアイヌ語で”大きな窪地”を意味する「シ・コッ」が語源と言われ、古くから千歳の貴重な水源とされてきました。 長径13km、短径5kmの東西に長いマユ型の湖で、周囲は約40km、最大深度約360m、平均水深約265mと国内では、秋田県の田沢湖に次いで2番目の深度を誇り、日本最北の不凍湖です。水中の栄養分が少なく、プランクトンの発生も少ないことから透明度は非常に高く、水質は11年連続日本一に評価されています。
この透明度と水質を誇る支笏湖の澄んだ水は光に照らされることで「支笏湖ブルー」と言われる青色の輝きを放ちます。

また支笏湖の清らかな水は周辺の自然も豊かにしています。オコタンペ湖や苔の洞門、標高1,000mを超える風不死岳、恵庭岳、樽前山など美しく雄大な自然を育み、新緑、紅葉、雪景色など四季折々に表情を変え、訪れた人を癒やし楽しませてくれます。

支笏湖温泉Hot Spring

支笏湖温泉

支笏湖の見どころの一つは温泉です。支笏湖の雄大な自然の中にあるこれらの温泉宿では、日常の喧騒から離れ、静かでゆっくりとした時間が過ぎていきます。泉質は、とろりとしていて「ナトリウム-炭酸水素塩泉・塩化物泉」の成分を含み、神経痛・筋肉痛・冷え性・疲労回復などの効能があり、美人の湯としても定評があります。

支笏湖温泉宿はこちら

支笏湖周辺のアクティビティActivity

アクティビティ

支笏湖周辺では綺麗な水や豊かな自然を活かしたアウトドアやアクティビティが盛んに行われ、観るだけでなく、体験を通して実際に支笏湖の自然に触れることができます。
透明度の高い湖水でのダイビングでは、地上からは見ることが出来ない魚の姿や水草など、支笏湖ならではの景色や多様な生態系を間近で観察できます。カヌーで湖上を進むと、地上とはまた違った景色が広がります。更に湖畔ではキャンプや魚釣り、サイクリング、トレッキングなど、季節を問わずアクティビティを楽しむことが出来ます。

支笏湖アクティビティはこちら